存在が消えるピカピカのバレットシンカー?テキサスリグのシンカーの色はシルバーがおすすめの理由

気温が下がって来るのと同時に水温も下がってくる晩秋。動きも鈍くなり食い気がなくなってくるバス。

そんなタフになりつつ季節にあえてピカピカ輝くシンカーでのフリッピングが効果的?

あえてシルバーシンカーを好んで使う理由のお話です。

スポンサーリンク

シルバーシンカー

皆さんこんにちは、シャロー道のhidekiです。

少し前の話になるのですが、ディープストリームのKenDさんの投稿に、ピカピカ光るシンカーはバスを警戒させる…という記事がありました。

私も同じような考えを持ち、シンカーを自分の好きな色に塗る作業をしています。

ワームとシンカーとの一体感を出し、バスに警戒させないこの方法はテキサスリグの基本とされていると思います。

しかし、ある状況の時に限って私はピカピカ光るシルバーのシンカーをあえて使う事があります。

パッとみ違和感ですよね…w

タフなマットカバー


バスに警戒されてしまいそうなピカピカ光るシンカーを使う場所はと言うと、マットカバーです。特に晩秋の気温が下がって活性が低くなって来た時に出番が多くなってきます。

普通なら活性が低くなって来たら特に光らないマットタイプのシンカーの方が良いのでは?と思うかもしれません。しかし、ピカピカ光るシンカーは手に持って太陽光などの光に当たっているからピカピカするのであって、マットカバーの下などの光量が少ない場所では光りません

実際にシルバーのピカピカなシンカーが薄暗いマットカバーの下に入るとどうなるか…それは、周りのウィードやパットの色を反射し、周りと同化し存在が消える…存在が消えるというのは大げさかもしれませんが、カラーシンカーより存在感が薄くなるのです。

存在感がなくなるとどうなるか…ワームだけが見えるようになります。カラーシンカーの場合、シンカーの大きさ分ボリュームが大きくなっていたものが、存在が消えることによってコンパクトになり食わせやすくなると考えています。

最後に・・・


水中の光量でシンカーを選ぶのも1つの判断材料と考えています。実は…晩秋に限らず真夏の琵琶湖の沖の分厚いカナダ藻マットでもシルバーのシンカーを好んで使っていたりします。

手で持っている時は違和感ですが、バスは違和感なく食ってきますので気にせずフリップしてみて下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. タックル

    【リールカスタム】キャストが上手くなる「オフセットクラッチ」がある!?カケヅカデザインワークス

    ベイトリールのクラッチの高さ次第でキャストが上手くなる!?万人に受…

  2. アメリカ

    今年からの新しい相棒!タトゥーラエリート(^^)春はRTOのTOクローで決まり!?(笑) TATUL…

    今年からの新しい相棒!タトゥーラエリート(^^)春はRTOのTOクロー…

  3. SVSインフィニティ

    タックル

    誰でも簡単!シマノのベイトリール搭載の「SVSインフィニティ」のセッティング方法。

    あなたが使っているリールは最大限の性能を発揮していますか?最近…

  4. タックル

    釣り人必須アイテム!釣り場でトップガイドが交換できる「FUJIリペアキット」を携帯しよう!

    釣りをしている時、竿先が「ポキッ」と折れたり、竿先のガイドが壊れたりし…

  5. タックル

    自分の感覚にするために「バンタムMGL XG」のハンドルを45mm→42mmへ交換してみた!

    あ!…中はプラスチック入ってるんだ…(驚)バンタムMGLのXG(エ…

おすすめ記事

  1. ガンタージグ・ノリーズ

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. バスの本能や修正

人気記事

  1. LC RTO 1.5
  2. ブレードジグ1/2oz
  3. スウィートビーバー

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. ソフトルアー

    鬼の食わせのライトリグ(裏技あり)ゲーリーヤマモト・カットテールワーム4インチが…
  2. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  3. ハードルアー

    曲がってしまったワイヤーの直し方。基本的なスピナーベイトのセッティング方法
  4. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
  5. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
PAGE TOP