存在が消えるピカピカのバレットシンカー?テキサスリグのシンカーの色はシルバーがおすすめの理由

気温が下がって来るのと同時に水温も下がってくる晩秋。動きも鈍くなり食い気がなくなってくるバス。

そんなタフになりつつ季節にあえてピカピカ輝くシンカーでのフリッピングが効果的?

あえてシルバーシンカーを好んで使う理由のお話です。

スポンサーリンク

シルバーシンカー

皆さんこんにちは、シャロー道のhidekiです。

少し前の話になるのですが、ディープストリームのKenDさんの投稿に、ピカピカ光るシンカーはバスを警戒させる…という記事がありました。

私も同じような考えを持ち、シンカーを自分の好きな色に塗る作業をしています。

ワームとシンカーとの一体感を出し、バスに警戒させないこの方法はテキサスリグの基本とされていると思います。

しかし、ある状況の時に限って私はピカピカ光るシルバーのシンカーをあえて使う事があります。

パッとみ違和感ですよね…w

タフなマットカバー


バスに警戒されてしまいそうなピカピカ光るシンカーを使う場所はと言うと、マットカバーです。特に晩秋の気温が下がって活性が低くなって来た時に出番が多くなってきます。

普通なら活性が低くなって来たら特に光らないマットタイプのシンカーの方が良いのでは?と思うかもしれません。しかし、ピカピカ光るシンカーは手に持って太陽光などの光に当たっているからピカピカするのであって、マットカバーの下などの光量が少ない場所では光りません

実際にシルバーのピカピカなシンカーが薄暗いマットカバーの下に入るとどうなるか…それは、周りのウィードやパットの色を反射し、周りと同化し存在が消える…存在が消えるというのは大げさかもしれませんが、カラーシンカーより存在感が薄くなるのです。

存在感がなくなるとどうなるか…ワームだけが見えるようになります。カラーシンカーの場合、シンカーの大きさ分ボリュームが大きくなっていたものが、存在が消えることによってコンパクトになり食わせやすくなると考えています。

最後に・・・


水中の光量でシンカーを選ぶのも1つの判断材料と考えています。実は…晩秋に限らず真夏の琵琶湖の沖の分厚いカナダ藻マットでもシルバーのシンカーを好んで使っていたりします。

手で持っている時は違和感ですが、バスは違和感なく食ってきますので気にせずフリップしてみて下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. ソフトルアー

    イチカワフィッシングのTS-3はもういらない!?「TSW改」が本当に理想のストレートフックだ!

    やっと出会えたフリッピング時に使う最高のストレートフック「TS-3」…

  2. タックル

    これだけは知っておきたい、リールメーカーまとめ。

    バスフィシング用のリールは毎年新製品が発売され、その種類は数えきれない…

  3. ハードルアー

    シャロークランクを研究中…このマニアック感がたまらない…w シャロー道ラボ

    シャロークランクを研究中…このマニアック感がたまらない…w#luc…

  4. タックル

    これだけは知っておきたい、バスボートまとめ

    バスフィッシャーマンの憧れバスボート…。湖面を100km以上の速度で走…

  5. タックル

    雨の日の遠心力ブレーキシステムのリールは困る…を解消する裏技のような裏技でもないような方法!

    雨の日にいきなりバックラッシュ!シマノのリールが好きでよく使っ…

おすすめ記事

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. バスの本能や修正

人気記事

  1. ブレードジグ1/2oz
  2. LC RTO 1.5
  3. ベビーブラッシュホグ
  4. newスライドスイマー250

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  2. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  3. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
  4. タックル

    誰もが求める機能が充実!おすすめタックルボックス「バーサス-3080」VS-30…
  5. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
PAGE TOP