ヤマト.Jr

小型なのに脅威のロングキャスト!ヤマトJr.は完成されたトップウォータープラグ!OSP YAMATO Jr.

広くも探れて、ピンスポットも探れるペンシルポッパー。他のトップウォーターとの差別化から生まれたと思われるOSPヤマトシリーズ。ラインアイが2つ付きサイドカップにセンターボードと、他のペンシルベイトとは違った個性的なルアーです。その中でもオリジナルのヤマトのダウンサイズされた「ヤマトJr.」は小さくなってもアピール力はオリジナルにも引けを取らず大きく、なおかつロングキャストもでき、トップウォーターの1つの完成形とも言えるルアーになっています。今回はそんな魅力的なヤマトJr.を紹介したいと思います。

ヤマトJr.の特徴①サウンド

yamatojr02
ペンシルタイプのボディーにポッパーのサウンドアピール力を加えた水平姿勢の「ペンシルポッパー」です。風が吹き波が出た時、ペンシルベイトではアピール力が弱く、ポッパーの方が有利になります。しかしペンシルベイトの利点は細長くベイトフィッシュに似ていることと、ロングキャストができることです。このペンシルベイトとポッパー両方のイイとこ取りしたのがヤマトJr.です。

ポッパーはヘッドのカップだけで音を作り出すのですが、ヤマトJr.は、ヘッドのカップ音、サイドカップのスプラッシュと音、センターボードは首を左右に振ることによってのスプラッシュと音、この3つの音を出す要素でポッパーの音を凌ぐ最大限の音を作り出します。その音はバスが水面でエサを食べたような「ゴボッ」という音を出し、回りにいるバスの競争心をあおってスイッチを入れることができます。

ヤマトJr.の特徴②ロングキャスト

ボディーの長さが短い割に18gと重く本当に良く飛びます。バスがエサを追ってボイルしているときはベントミノーかヤマトJr.を選びますが、ロングキャストができるヤマトJr.は広範囲でボイルしている時に有利です。ボートを寄せなくても良いのでバスに余計なプレッシャーをかけることなく攻めることができます。

ロングキャストしたときはロッドを立てて上方向にアクションさせます。ラインが水面に多くついてると上手くアクションしないからです。そしてルアーが手前にくるにしたがってロッドをだんだんと下げてアクションさせることが上手くアクションさせるコツです。

使い方はいたって簡単!2つのアイを使い分ける

yamatojr03
ヤマトシリーズには糸を結ぶアイが2つ付いています。通常使用は下のアイの「ハイアピールアイ」潜らせて使う時は上のアイの「ダイビングアイ」を使います。

ハイアピールアイ

ペンシルポッパーとして使うときは、下のハイアピールアイを使います。移動距離が少ないドックウォークで、同じ場所でターンしていると思ってしまうぐらい短いです。軽くアクションさせれば甘いポップ音が出て、逆に強いアクションをさせればリアクション効果の高いポップ音とワイドなスプラッシュを出します。

その移動距離が短い利点を生かせるシチュエーションと言えば、やはりストラクチャーの周りを攻める時でしょう。普通のペンシルベイトなどではあっという間に通り過ぎてしまうところを、ヤマトJr.ならネチネチとその場でターンして少しぐらい水深が深くても、しっかりアピールしてバスを持ち上げます。

まさに今ボイルしている(小魚を追っかけている)という時は早くチャッチャッチャ!と動かすのが効果的ですが、追ってない時はネチネチと見せてじらすのが効果的です。

ダイビングアイ

ダイビングアイを使うと潜らせて水面直下を攻めることができます。ロッドをあおって潜らせてから連続トゥイッチをすると、水中ドックウォークをします。タダ巻きをすればサイドカップに水を受け潜り、水面直下でS時アクション(左右にふらふらと大きく揺れる)します。水面に出きれない時、少し潜らせる事によってバイトに持ち込む事ができます。

OSPヤマトJr.のスペック

yamatojr01
日本のトップウォーターシーズンのベイトフィッシュのサイズはだいたいこれぐらいの大きさでよね!全長94mm

遠くに飛んだほうがプレッシャーが掛からない!重さ18gでぶっ飛びです!

トップウォーターのカラーってそんなに必要なのかなって思うぐらい充実の24種類

フックサイズはオリジナルのヤマトと同じで、ビックバスにも安心な#4

ここまで来るとプラダやルイヴィトンみたいなブランド的な高さかな。1,700円(もちろん税抜!)
※アワビの輝き!アバロン使用カラーは料金上乗せ1,900円(もちろん税抜!)

ロングキャストをすることを意識したタックル選び

参考までに私が使っているタックルです。
100dc

Lure:ヤマトJr.
Rod:Road Runner/Hard Bait Special/RR630MB/CIRCLE CAST SIDE HAND
Reel:カルカッタ・コンクエスト 100DC
Line:シューター・デファイアー アルミーロ 22Lb

ルアーの重さが18gなのと、遠くでアクションさせるにはミディアム〜ミディアムヘビーぐらいの硬さが必要です。6ft3in〜6ft6inの長さが扱いやすいと思います。
リールは巻物なのでローギヤが使いやすいですが、目で見てスピードをコントロールできるのでハイギヤでも問題ありません。慣れた扱いやすいギヤ比を選ぶことが大事です。
ラインはナイロンの20lbクラスがこのヤマトJr.には適しています。しかし普通のペンシルベイトだと沈んで扱いにくいフロロカーボンでも、ヤマトJr.なら引き抵抗が強いのもあり、意外としっかりアクションできるのでヤマトJr.に限ってはフロロカーボンでも良いと思います。風が強いときはPEラインを使うと伸びが少ないので、アクションが付けやすく扱いやすいです。

最後に…

1つのルアーで様々な使い方ができるヤマトJr.なら、荷物を少なくしたいオカッパリでも重宝します。もちろんボートでもこちらの存在を気付かせないロングキャストのアプローチができるヤマトJr.は持っていたいトップウォータープラグの1つだと思います。
ミスバイトがあったときでも、すぐに回収しないことです。少しストップさせ待ってから、何事もなかったようにアクションさせると、また戻ってきて再びバイトすることもあるからです。あきらめず最後までしっかりアクションさせることがトップウォーターの釣りでは欠かせないことです。

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. ブレードジグ1/2oz

    ハードルアー

    船団の中でもビッグバスが釣れてしまうOSPブレードジグ!トレーラーの使い分け方などを紹介!

    たった1つしかルアーを選んではいけないと言われたら、間違いなくOSPブ…

  2. ハードルアー

    ハードベイトの力を最大限に発揮させるには「トゥルーチューン」を覚えよう!

    ハードベイトプラグの力を最大限に発揮するには、まず真っ直ぐにルアーが泳…

  3. アメリカ

    大森貴洋さん「感情移入できない色は要らない」ルアーマガジンの付録も侮れないですね…

    大森貴洋さん「感情移入できない色は要らない」ルアーマガジンの付録も侮れ…

  4. ハードルアー

    激選!バス釣りで使いたい「良く釣れる」おすすめスピナーベイト6選!

    ルアーフィッシングの中でも異彩を放つ形状であるスピナーベイト。こんなの…

  5. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。

    日本で良く釣れるスピナーベイトと言われている物は、何か物足りない…。…

おすすめ記事

  1. 熊が鮭を食べる

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. バスの本能や修正

人気記事

  1. スウィートビーバー
  2. ブレードジグ1/2oz

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  2. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  3. タックル

    誰もが求める機能が充実!おすすめタックルボックス「バーサス-3080」VS-30…
  4. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
  5. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
PAGE TOP