menu

シャロー道

鬼の食わせのライトリグ。ゲーリーヤマモト・カットテールワーム4インチが釣れる!

しょうがないなぁ〜これに頼るしかないか…。

散々ルアーを取っ替え引っ替え試して全然釣れない…もうダメだぁ…と頭の中が真っ白になってくる時ありますよね…。

そんな時の最終手段としても使える「鬼の食わせワーム」であるゲーリーヤマモトの「カットテールワーム4インチ」。使い方はいたってシンプルで、投げてほっとくだけでも釣れちゃうし、もちろん誘っても釣れる。どんな湖や池でも、大小様々なサイズが釣れる食わせ最強ワームを紹介します。

スポンサーリンク

オススメはネコリグで使う

カットテール
様々な使い方に対応するカットテールですが、特に力を発揮するのはノーシンカーのネコリグで使うことです。グラブテールをカットした様な形が特徴のカットテールワームですが、落ちていく時にそのテールに水を受け横にスライドしたり、時にはブルブルと震えながら落ちたりと、生めかしい動きをしてバスを誘います。動画で動きをチェックしてみて下さい。

フックはカツイチの「ハンターフック」がオススメです。細いワイヤーで細身のカットテールワームが千切れにくく、ゲイブが広いのでフッキングも良く、細い割には強度がしっかりしていて使いやすいです。

裏ワザ!カットテールのテールをカット

カットテール
カットテール4inを使う上でお勧めしたいのが、写真のようにテールの部分をカットして使用することです。ただの棒になるのですが、この棒が本当よく釣れるんです。他のゲーリーのワームにはないフォール中の細かい振動がバスを誘います。そして、ノーマルの時に説明したスライドフォールが無くなることによって、狙った場所をキッチリ攻めることができます。その動きの違いを動画で確認してみてください。

アクションする時も真上に上がり、真下にさがることでキッチリ狙った場所を通すことができます。

カットテールはキビキビ振動している感じ

カットテールと閃光
ただの棒にするならセンコーで良いんじゃないの?と思う方も多いと思いますが、写真で比べると分かると思いますが、ボリューム感が全く違います。もちろんセンコーも釣れますが、食わせという意味ではカットテールのテールカットの方が上です。ここにバスは必ずいるぞと分かっているようなら、間違いなくカットテールの出番です!

どのような場所が効果的か

sannbasi03
ノーシンカーなので水深が浅い場所を攻めるのに最適です。バスは障害物に付きやすい習性を持っているので何かしらの障害物を狙っての釣りになります。例えば桟橋の下や橋桁、野池ではエグレのある岸際や、木がオーバーハングした下にスキッピングで入れ込むなど。バスが中層に浮いていそうな場所を探すのがこの釣りのキーになります。
gunter07

とにかくラインをフリーにする事

この釣りで最も重要なのは、糸をたるませ続ける事です。食ってるかな?とゆっくりズズズ…と糸を引っ張っちゃうとなぜか釣れなくなってしまいます。最初の落とし込みの時は糸をたるませておいて、水面に浮いている糸がスッと横に動いたりする変化でアワセる。食わなかったらすぐにアクションに入る。とにかく中途半端に食ってるかな?と糸を引っ張って聞かない事です。

タックル

参考までに私が使っているタックルです。
sterra_shimano
・ロッド:ROAD RUNNER 630MLS SOFT JERK BAITS & SMALL HARD BAITS
・リール:ステラ[STELLA]2500〜3000番
・ライン:FCスナイパー 5lb
私はこれでいっちゃいますけど、正直ロッドがオーバーパワーかもしれません。オーバーパワーと言うか、投げ辛いのでもう少し柔らかいライトクラスが扱いやすいと思います。なぜ私がスピニングとしては硬めのミディアムライトを使うかは、障害物周りで使う事が多いのでこれぐらいのパワーがあったほうが魚を障害物から離しやすいからです。

最後に・・・

このカットテールのテールカットで思い出深い釣りは、西湖での出来事です。(当時はワーム禁止では無かったです)

ボートでの釣りが終わった後、その時初めて会った3人のバサーと意気投合し、1時間だけのオカッパリ大会の様なライトリグ勝負になったのですが、誰も釣れない中、私だけ48㎝を頭に40アップを4本このカットテールのテールカットで釣りました。(ボートよりも釣れたのです…汗)

釣ってる最中「何で釣ったの?」と聞かれ「カットテールだよ!」とだけ教えて、テールをカットしてる事は教えず(当時の3人方ごめんなさい)みんな同じカットテールなのに私だけ釣れた経験が印象深かったです。

最強の食わせワーム「ゲーリーヤマモト、カットテールワーム」をぜひ試してみて下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング