ノーフィッシュ覚悟の極寒シャロー

 冬の朝、天気は良いけど、風は強い。気温は1桁。無理じゃんこの寒さじゃ…
そんな時でもシャローで釣るだにぃ!(遠州弁)

 まずは、風のプロテクトエリアになるワンドの、日が当たって水温上昇が見込めるエリアを選ぶことが、バスに近づく第一歩です。上の写真のように鳥がいる事も水温が上がりやすいエリアになります。
水温も1桁になってくる冬の季節、シャローに留まれるバスはなかなかいません。
しかし、日中、風をプロテクトして、日差しがずっと差し込んで、水温が上昇してくると、シャローにバスが入って行きます。
シャローに上がってきたバスは縦ストラクチャーに着いていることが多いです。
縦ストラクチャーなら何でも良いんですけど、杭が1本だけでも丁寧に、かつゆっくりと誘うことが求められてきます。
他にも同じようなカバーが続く場所に、ポツンと種類の違う縦に伸びる草の固まりなんかがあると、そこに寄り添うようにバスが着いていたりします。

そんな場所のバスは1回ルアーを送り込んで食わなかったら、いないなと判断しないことです。
大きさにも寄りますが、同じ縦ストに最低10投ぐらいするつもりでキャストを繰り返すのです。
もう、さすがにこの縦ストにはいないだろうと見切りを付けようとしたとたんに、ひったくるようなバイトで食ってくることがあるのです。
ショートバイトじゃなくて、ひったくるようなバイト…リアクションはリアクションでも、目の前に何度も何度も入ってくるルアーにイライラして追い払おうとするリアクションバイトを誘発するのです。

ルアーのサイズはデカすぎなければ、あまり気にしなくても良いです。とにかくじっくりと丁寧に一つのストラクチャーにキャストし続けるのです。
この寒い時期、どうにもならないような寒さでも、条件さえそろえば、シャローでもバスと巡り会えるでしょう。
こたつでぬくぬくも良いですが、極寒の中で釣ったシャローバスはハイシーズンに釣るバスの何倍もの感動を与えてくれます!
ぜひみなさんも冬の湖に足を運んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

激浅なヒシ藻のビックなバスをリアクション!前のページ

なぜシャローカバーにはワーミングクランク・ショットなのか?次のページノリーズ・ショット

関連記事

  1. シーズナルパターン

    冬なのに流れがでる場所の休憩ピンスポット!

     こんな流れがある場所にバスなんていないよなぁ…冬の季節の誰も…

  2. シーズナルパターン

    驚愕!春一番のビックフィッシュパターン

    2月初めの立春から、3月の20日前後の間に南から温かい南よりの強い風…

  3. シーズナルパターン

    教科書にも載っていないバスの行動とは!⑤  パターンが無いパターン?

    良く釣れると言われる定番のエリア。例えば琵琶湖で有名なスポーニングエリ…

  4. シーズナルパターン

    凍えるような寒さでも爆発する!プロテクトエリアでサスペンドミノー!

     春のビックフィッシュにはサスペンドミノーが威力を発揮します。その…

おすすめ記事

  1. バスの本能や修正

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. VS-3080
  2. 琵琶湖の棚

人気記事

  1. ドライブスティック・バックスライド

2020 MLF/BPT スケジュール

2020 Bassmaster Elite スケジュール

  1. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
  2. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
  3. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
  4. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  5. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
PAGE TOP