シーズナルパターン

ノーフィッシュ覚悟の極寒シャロー

当サイトは広告を利用しています

 冬の朝、天気は良いけど、風は強い。気温は1桁。無理じゃんこの寒さじゃ…
そんな時でもシャローで釣るだにぃ!(遠州弁)

 まずは、風のプロテクトエリアになるワンドの、日が当たって水温上昇が見込めるエリアを選ぶことが、バスに近づく第一歩です。上の写真のように鳥がいる事も水温が上がりやすいエリアになります。
水温も1桁になってくる冬の季節、シャローに留まれるバスはなかなかいません。
しかし、日中、風をプロテクトして、日差しがずっと差し込んで、水温が上昇してくると、シャローにバスが入って行きます。
シャローに上がってきたバスは縦ストラクチャーに着いていることが多いです。
縦ストラクチャーなら何でも良いんですけど、杭が1本だけでも丁寧に、かつゆっくりと誘うことが求められてきます。
他にも同じようなカバーが続く場所に、ポツンと種類の違う縦に伸びる草の固まりなんかがあると、そこに寄り添うようにバスが着いていたりします。

そんな場所のバスは1回ルアーを送り込んで食わなかったら、いないなと判断しないことです。
大きさにも寄りますが、同じ縦ストに最低10投ぐらいするつもりでキャストを繰り返すのです。
もう、さすがにこの縦ストにはいないだろうと見切りを付けようとしたとたんに、ひったくるようなバイトで食ってくることがあるのです。
ショートバイトじゃなくて、ひったくるようなバイト…リアクションはリアクションでも、目の前に何度も何度も入ってくるルアーにイライラして追い払おうとするリアクションバイトを誘発するのです。

ルアーのサイズはデカすぎなければ、あまり気にしなくても良いです。とにかくじっくりと丁寧に一つのストラクチャーにキャストし続けるのです。
この寒い時期、どうにもならないような寒さでも、条件さえそろえば、シャローでもバスと巡り会えるでしょう。
こたつでぬくぬくも良いですが、極寒の中で釣ったシャローバスはハイシーズンに釣るバスの何倍もの感動を与えてくれます!
ぜひみなさんも冬の湖に足を運んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

激浅なヒシ藻のビックなバスをリアクション!前のページ

なぜシャローカバーにはワーミングクランク・ショットなのか?次のページノリーズ・ショット

関連記事

  1. シーズナルパターン

    村田基さんのビッグフィッシュ論に耳を傾けたらデカバスが釣れるようになった!?

    最近、釣りしながら頭の中を絶えずグルグルと回っている考え方があります。…

  2. シーズナルパターン

    凍えるような寒さでも爆発する!プロテクトエリアでサスペンドミノー!

     春のビックフィッシュにはサスペンドミノーが威力を発揮します。その…

  3. フリッピング

    釣れるマットカバーはここが違う!簡単にバスが潜むエリアを見つける方法

    小規模なマットカバーなら片っぱしから釣りして釣れる場所を探すことができ…

  4. シーズナルパターン

    意外とみんな知らないかも?遅ればせながらのビック・プリスポーンバス!

    「桜舞い散るタイミングを見計らって、産卵しに行きますわよ!」そんな…

  5. シーズナルパターン

    春の琵琶湖…ビッグバスの通り道「リップラップ」攻略を考える。

    春の琵琶湖の王道パターンのヒトツ「リップラップ」パワーフィッシングでバ…

シャロー道/SNS

メニュー

2024 MLF/BPT スケジュール

2024 Bassmaster Elite スケジュール

非常識なメンテナンス・オイル

  1. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
  2. アメリカ

    新たな歴史の1ページ…大森貴洋さんが優勝した2016バスマスターエリート第4戦ウ…
  3. ソフトルアー

    簡単便利!100%持っている物でトレーラーワームのズレを解消する方法!
  4. フリッピング

    存在が消えるピカピカのバレットシンカー?テキサスリグのシンカーの色はシルバーがお…
  5. ガンタージグ・ノリーズ

    ソフトルアー

    20年以上たっても一軍特攻隊!「ガンタージグ・フリップ」でカバーの奥まで!Nor…
PAGE TOP