menu

シャロー道

ライトリグが苦手な私でも、ライトリグでビックフィッシュを釣る方法

ネコリグ

ライトリグじゃなければ釣れないバスがそこにはいる。

しかし、私はあまりやらないんですよね。ライトリグって細いラインでやるじゃないですか。それでデカいバスを掛けても切られたり、障害物に巻かれて捕れなかったりがあるので、私はあんまり好きではない釣りなんです。
釣り上げなきゃ意味がない。でも確かにライトリグじゃないと喰わない時があるのも事実。

そんな時に唯一、ライトリグで自信をもって投げれる物が私にはあります。
今回は、私なりのストロングなライトリグを、思い出も交えながら紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カットテール5・3/4in

何を使うかを先に言ってしまうと、バスフィッシングをしたことがある人なら誰でも知っていると思われる、ゲーリーヤマモトのカットテールワームです。もうかれこれ20年以上使い続けていて、今でも良く釣れるので愛用しています。
kuttail01

以前は4inのカットテールをスピニングで良く使っていたのですが、最近はもっぱら5・3/4inのカットテールをベイトリールで使うようになりました。ベイトフィネスって言われる釣り方ですよね。でも私はその言葉が出る前から実はやってたんですよ。

ものは試しにやってみた結果…

やり始めたきっかけは、西ノ湖によく通っていた時期があったんですが、その西ノ湖にある棚にバスが付いているんです。
その棚の周りをスピナーベイトで流したり、ラバージグやテキサスで打ったりしてると、釣れる時は釣れるけどイマイチな時があるんですよ。
そこでライトリグで食わせようとなったとき、スピニングに8ポンドとか10ポンドを巻いて棚にアプローチしてバスを釣ろうと考えたんですけど、それでも巻かれたりしてバラしたり、切られたりが多かったんです。
そんな時にどうやったらバスが捕れるか考えた結果が、

「ジグのタックルでライトリグ投げちゃえばいいんじゃね!」

でした。でもジグの硬めのロッドに、16ポンドのフロロを巻いてるタックルで4inとかはさすがに無理だなって感じだったんです。
そこでまた、考えたのが、大き目のワームにネイルシンカー入れれば飛ぶかも!でした。

そこでちょうど持ってたのが、
5・3/4のカットテール
だったんですね。それをその時は、鯛釣り用の太い針を持っていたので、ネイルシンカーを入れネコリグにして投げたんです。
予想した通り、案外普通にキャストできたんです。

それを少しキャストしたら、20センチが釣れたんですよ。
ここで、「おお!スゲー!ある程度の大きさのワームでも小さいの釣れるんだ」と思ったんですね。これで、デカいのも食ってこれば、使えるぞ!って。
そしたら、またすぐにバイトがあり、ジグのロッドに16ポンドですから、全開でフッキングできるんですよね。

そこで喰ってきたのが、53センチ!

自分の中で、強いライトリグを発見した瞬間でした。

試行錯誤で生まれたタックルバランス

この時から太いラインでのライトリグを、フックサイズを変えたりカットテールのサイズを変えたりと色々試行錯誤してたどり着いた一つの答えが、
RR630MH アルデバラン 16LB
・ノリーズ・ロードランナー RR630MH
・シマノ・アルデバラン MG7
・FCスナイパー 16LB
・ビックバイト・フィネス 1/0
・ネイルシンカー 1/32oz
・ゲーリーヤマモト カットテール 5-3/4in

これをベースに、シンカーを軽くしたり、フックを小さくしたりと、その時の状況で微調整して使っています。
どんなシチュエーションで使うかは、結構どこでも投げちゃいます。
アシ際だったり、ウィードフラットだったり、浚渫の壁だったりと、フックをワームに対して縦にセットする事により、根がかりもしにくく、カバーに投げ込んでも引っかかる事なく釣りができます。
kuttail03

最後に…

kuttail02
この釣りは、フォールで喰ってくる事が多く、ジグを打つ感覚で釣りができるので、ストロングな釣りをする人に本当オススメです。
もちろん、ずる引きやシェイキングなどライトリグの操作もできますので、なかなか口を使わないバスも喰わせる事ができるので、タフな時などにものすごい力を発揮します。ぜひ一度試してみて下さい。
 

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング